スズガモ. キンクロハジロに似て背面が淡い(雄)。
 全長:46cm 湾に飛来するが、
海に近い淡水域でも見られる。 
底が泥地の湾を好み、
大群になることが多く、
夏も残っているものが少数ある。(ネットより) 

イメージ 2

雄と雌
イメージ 1
ユリカモメは冬鳥として日本にやってくる小型のカモメで、
河川や海岸などで普通に見られます。
夏羽は頭部が黒褐色になる。 
若鳥は翼の上面や尾に黒い線がある。 
イメージ 3

オオバンは、カラスやカワウのように全身がほぼ真っ黒ですが、
嘴と額(額板といいます) が白いのが特徴です。 (少しボケて~)
イメージ 4